駑馬十駕

騏驥も一躍にして、十歩なること能わず。
駑馬(どば)も十駕(じゅうが)せば、またこれに及ぶ。

荀子 勧学篇

名馬も十歩を一飛で行くことはできず、駑馬 (足の遅い馬) も十日走り続ければ、名馬の一日くらいは行くことができる。

麒は一日にして千里なるも、駑馬も十駕すれば、またこれに及ぶ。

荀子 修身篇

名馬は1日で千里を走ることができるが、駑馬でも十日走り続ければ、名馬の一日くらいは行くことができる。

はじめに

サイトのタイトルになっている駑馬十駕という四字熟語の出典は、性悪説で知られる「荀子 」。
よほど気に入ったフレーズだったのか、 荀子には駑馬十駕の記述が勧学篇と修身篇の二箇所に出てくる。
四字熟語の「駑馬十駕」は「 非才でも 努力次第で才能ある者に比肩する」という意味に使用されているが、出典の荀子では名馬に並ぶどころか、10日走り続けて 名馬の1日分に達しているだけ。

荀子 は「駑馬でも前に進むことさえ止めなければ、いつかは目的地にたどり着く」という意味で用いており、重視したのは「到達可能な目標の設定」と「目標を達成するための努力の継続」。
それは現代社会においても常に求められるものだったりする。

中国の思想は現代社会に通じる処世術の宝庫なのだが、紀元前に書かれた書物が現代にまで通用するのは、人間の天性が善か悪は別にして、人の本質的な部分が変わっていないということの証左。
昔の人間も普通に恋愛はするし、自分の進退で迷い、上下関係で苦悩している。
それぞれ立場や負っているものは違えど人は人。

特に荀子や韓非子などの現実主義的な思想は、ある意味もっとも人間らしいもので、厳しい言葉の裏側には人の弱さや愚鈍さがあり、妙に共感するところが多い。

分かり切っていることほど見失いがちで、当たり前のことに気付くだけで、意外と見えなかったものが見えるようになったり、気負いがなくなったりもする。